ブルーベリー、ブラックベリー、多肉植物、ひょうたんの栽培

オモト「万年青」

オモト(万年青)

オモト(万年青)

 観賞用として古くから栽培され、江戸中期に日本で爆発的に流行し、斑が入ったものや覆輪のあるものなどさまざまな種類が作りだされました。

古くから中国医学ではロデキシンを含む根茎を強心剤や利尿剤として使waわれていました。しかし、使用法には特に注意が必要で、薬草というより毒草だと言えます。


オモトの花

 一年に一度、写真のようなオレンジ色の花が咲きます。
結実は見たことがありませので、どんな実がなるのか興味があります。
成長度合いは遅く、増やすのには時間がかかります。
根元付近から新芽が発生し、遅いながら大きく成長します。
1年で5cm程度でしょうか。10cmほどに成長したときに掘り出して株分けをすることで増やすことが出来ます。

 2年で倍増と言うところでしょうか。

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional