ブルーベリー、ブラックベリー、多肉植物、ひょうたんの栽培

コンポスタ

コンポストとは

 ウィキペディア(フリー百科事典) によると

 堆肥(たいひ)とは、有機物を微生物によって完全に分解した肥料のこと。有機資材(有機肥料)と同義で用いられる場合もあるが、有機資材が易分解性有機が未分解の有機物残渣も含むのに対し、堆肥は易分解性有機物を完全に分解したものを指す。コンポスト (compost) とも呼ばれる。

 一方、昔ながらの植物系残渣を自然に堆積発酵させたものが堆肥であり、強制的に急速に発酵させたものがコンポストであるとする意見もある。本項は堆肥、コンポストを同義として扱う。

 また、一部では生ごみ堆肥化容器の生成物である堆肥(コンポスト)が転じて、生ごみ堆肥化容器をコンポストと呼ぶ としています。私もこの定義に従うことにします。

コンポストの種類

1.EMサポートR15

画像の説明

 一番始めには台所から出る生ゴミの処理と腐葉土を作るという、
1石2鳥を狙って購入しました。
購入して4年近くなります。

2.堆肥作成コンポスト

画像の説明

 落ち葉や雑草、使い古した鉢土を堆肥に再生
するために杉材を組み合わせて自作しました。
3年経過しました。

3.ミミズコンポスト

画像の説明

 2x4材を加工して自作しました。3年近くなります。
釣具屋で釣りえさとして売っているミミズを5箱ほど
(100匹ぐらいか)買って始めました。
これが機能するためには、5000匹ぐらい必要といわれます。
まだまだ足りません。

4.段ボールコンポスト

画像の説明

 1年前から愛用のコンポストです。
家庭用のコンポストとして一番のお勧めです。

 それぞれ長所もあり欠点もあります。
使う場所、目的、利用法に応じた選択をすればよいでしょう。
画像か品名をクリックすると、さらに詳しいサイトに移ります。

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional