ブルーベリー、ブラックベリー、多肉植物、ひょうたんの栽培

ブドウ

ブドウ「葡萄」の栽培

 昨年(平成22年)2月頃に何を思ったかブドウの苗をホームセンターで買ってしまいました。ただ、何も思わないで買ったのではありません。ひょうたんを栽培するための棚が、6月から9月までの4ヶ月しか使わなくて、残り8ケ月は遊んでいるので、もったいないな~と思っていたのです。

 何か利用法はないものかと思案していたものですが、たまたまホームセンターでブドウの苗木が目に留まり、これだ!と買ってしまったのでした。買ったときの苗木は12cmのビニールポットで、高さ70cmぐらいだったように思います。

 栽培方法を研究する間はそのままポットで水遣りだけ続けていました。
調べた結果、そのまま定植するのではなくて、生え際から30cmぐらいに摘心をして、定植するとのことでした。

 苦土石灰やら鶏糞やらを適当に土に混ぜ込んで、ブドウの環境作りを行いました。1週間ぐらいして、ブドウをポットから抜き、用意した場所に定植しました。

 水遣りを十分にし、地上30cmぐらいのところで、ばっさりと摘心。
あとはブドウ頼み。頑張ってねと祈ります。

「巨峰」の栽培

平成22年4月11日

画像の説明




 定植して2ケ月近く経過、新鞘が発生しました。
 

平成22年4月18日

新鞘発生




 二つ発生した新鞘を一つだけ残し、切除したので、成長に勢いがでてきました。 
 

平成22年6月4日

巨峰摘心




 1mぐらいに成長したところで、摘心しました。

 

平成22年6月15日

巨峰摘心




 摘心した直下の節とその下の節から新鞘が発生しましたので、これを伸ばしまし、2本の主幹とするよていです。その他の新鞘は切除しました。この切除はしないのが良かったのではと思っています。

平成22年7月4日

巨峰棚到達




 2本の主幹が順調に成長し、棚まで到達しました。
棚に到達したら、棚上で展開させる予定です。

「デラウエア」の栽培

平成22年4月28日

デラウエア新鞘




 デラウエアは巨峰より2週間ぐらい早く定植しましたので、早いぶんその成長が早いようです。
 

平成22年5月11日

デラウエア成長




 成長が早すぎて、節間が間延びして徒長気味のようです。
一日に数cm伸びています。
 

平成22年6月5日

デラウエア棚に到達




 棚に到達しました。撮影の後、棚下10cmぐらいのところで摘心しました。
このころは1日10cmぐらいの驚異的な成長です。。
 

平成22年6月15日

デラウエア摘心



 摘心した直下の節とその下の節から新鞘が発生してきます。
上の二つを主幹として伸ばし、それ以外は切除しました。
たった1週間で2本の新鞘は棚に達しています。
 

平成22年6月28日

デラウエア枝の誘引



 棚に届いた2本の主幹を棚の井形に沿って伸ばしました。
棚の隅に植えていますので、2本の主幹はL型に伸ばしています。
 

平成22年7月3日

デラウエア



 2本の主幹がどんどん伸びています。主幹の各節から副鞘が発生しています。あまり込み合わないように20cmに1個程度になるように付き根から切除しました。また、副鞘が1m以上にならないように摘心しています。
 

平成22年11月27日

デラウエア落葉



 晩秋、葉っぱはほとんど散っています。
 

平成22年12月12日

デラウエア剪定後



 葉っぱが完全に散り落ちたころを見計らって、剪定をしました。
切り取った枝は,30cmぐらいに切断して冷蔵庫に保管しました。
春になって挿し木の挿し穂にしようとの魂胆です。




a:1561 t:3 y:2

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional