ブルーベリー、ブラックベリー、多肉植物、ひょうたんの栽培

ブラックベリージャム

ブラックベリ-ジャムを作ろう!

 ブラックベリーはすっぱ味がありますので、生食には向いていません。
ですから収穫したら冷蔵庫に入れて、ジャムを作るのに必要な量をためこみましょう。
500gぐらいたまったらブラックベリージャムを作ります。

ブラックベリージャムの素材

画像の説明





  ・ブラックベリー  300g
  ・グラニュー糖40% 120g



ブラックベリージャムを作る手順

1. グラニュー糖振りかけ、

画像の説明




 ブラックベリーを鍋に入れます。
 グラニュー糖の半量を全体に満遍なくふりかけます。

2. そのまま置いて、

画像の説明




 3時間あまりそのまま置いておきます。
 果汁が出てきます。

3. 加熱3分後、

画像の説明




 IHIヒーターで加熱しています。
 加熱を始めて3分後の鍋のようすです。

4. 加熱8分後、

画像の説明




 加熱を始めて8分後の鍋のようすです。

5. 加熱18分後、

画像の説明




 加熱を始めて18分後の鍋のようすです。
 この後、グラニュー糖の残り全量を投入しました。
 20分後火を止めて完了です。
 この後の瓶詰め作業はブルーベリーと同じです。


 注:

ブラックベリーはそのままでは、つぶつぶ感が残ります。
このつぶつぶ感が好きな人と、嫌いな人がいるようです。程度によるでしょうが・・・。
 嫌いな人のためには、火を止めた段階で,味噌こし網などでこのつぶつぶを取り除いて瓶詰めをすればよいでしょう。
完全に取り除くのでなく、わずかにつぶつぶがある方がブラックベリーらしくていいと思いますが・・・・。

ミックスジャム

 ブルーベリージャムブラックベリージャムをミックスしたのがミックスジャムです。ブルーベリージャムブラックベリージャムを平行して作り、出来上がって熱いうちに混合して瓶詰めにします。

 混合割合がどれくらいのものがよいのかは、個人の好みによって変わるでしょう。いろいろの割合を作って食べてみることしか評価することは出来ません。

 とりあえず、目分量でブルーベリー60%、ブラックベリー40%のつもり混合してみました。なかなかいい感じが出たので、他の人に食してもらったら、100%ブルーベリーよりもいいとの評価をもらいました。

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional