ブルーベリー、ブラックベリー、多肉植物、ひょうたんの栽培

播種

種まき

種まきの準備

 ひょうたんの種類は
  1. 大ひょうたん
  2. 百成りひょうたん
  3. 千成ひょうたん
  4. 鶴首ひょうたん
 の4っつがあります。
それぞれ種類が異なるので、種子も違いますので、それぞれの種子から育てることが必要です。
それぞれの種子でも育て方の違いで多少大きさや形が異なりますが。

 千成ひょうたんでも、結果数を少なくすると、かなり大きいのが収穫できますが、20cm以上にはなりません。
下はひょうたんを二つに割って内部の種子を取り出したところです。

画像の説明

 各種ひょうたんの種子を並べてみました。
大ひょうたんは大きく、千成ひょうたんは小さいのです。

画像の説明

 大ひょうたんの種子をマクロレンズでクローズアップしました。

画像の説明

 ひょうたんの種子の角をツメきりで欠き、芽を出し易くします。
この作業はしなくても発芽しますが、これをすると数日早いようです。

画像の説明

種まき

 春桜の便りが聞かれる頃(3月末)に種まきをします。
種まきの方法は、露地に直接播くのと、ビニールポットに2,3粒ずつ播く方法がありますが,私はポットで苗を育てるのが好きです。
そんなに広い菜園でないし鉢やプランタでの栽培でもたくさんプランタや大きい鉢を用意するの大変です。

 ポットで苗を育て,10cm程度に育ったらプランタや畑に本植えすると、
畑や鉢やプランタが節約できるのです。また、土や肥料、水やり、保温などの苗の管理がし易いこともポット栽培のいい点です。

 下の写真は平成22年5月18日に撮影しました。本葉が2枚出てさらに2枚が出ようとしているところです。身長は5cm程度。本植を1週間後を予定し、本植の穂場を準備しておきましょう。

種苗床(種苗器)

ビニールポットに播種

300 x 200

トレーに播種

画像の説明

保温播種箱に播種

300 x 200

a:549 t:1 y:1

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional