ブルーベリー、ブラックベリー、多肉植物、ひょうたんの栽培

鬼面角の挿し木

サボテン鬼面角」の挿し木

  • 鬼面角の花が終わって。地上2mぐらいのところで、摘心しました。摘心した鬼面角はおよそ2mあり、6本の挿し穂を取り出しました。
    短いのは20cm、長いのは40cmぐらいです。

画像の説明

  • 切断後、風通しよい日陰に置き、切り口を乾燥させます。
    写真は乾燥後約2週間後の状態です。

画像の説明

  • 下の写真は、切り口のクローズアップです。
    新芽が発生しそうな雰囲気が見られます。

画像の説明

  • 同じ日(9月2日)に親木の切断面を撮影しました。
    新芽が1cmほど出てきました。

画像の説明

  • 下の写真は、同じ親木の1ケ月後(10月11日)です。
    15cmほどに新鞘が伸びてきました。
    この新鞘を付け根から切断して、切り口を乾燥させ挿し穂にしました。

画像の説明

 鬼面角の挿し穂が用意できましたので、

挿し木した鬼面角と、その後の状況をこちらに掲載します。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional